トップ 税理士さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

税理士さんナビ税理士資格を取得する > 税理士試験の概要

税理士試験の概要

税理士試験の概要の画像

税理士試験というのは、11科目中5科目の合格することで資格取得が出来る科目単位での受験となります。
1回の受験で5科目まで受験することが可能です。
11科目の中には、「必須科目」「選択必須科目」「選択科目」の中から、組み合わせて5科目合格すると良いということになります。
一回の試験で5科目全てを合格する必要は無いので、自分のペースで1科目ずつ合格していくようにしましょう。

一度合格した科目というのは生涯に亘って有効ですから、じっくりと取り組むことが可能です。
必須項目では会計に関する知識が問われることになりますが、最低でも簿記2級程度の知識は必要となります。
選択必須科目では、法人税法と所得税法のどちらかは必ず合格しなければなりません。
将来のことを考えるのであればどちらの知識ももちろん必要ですが、試験対策としてはどちらか一方で集中的に勉強すると良いでしょう。
選択科目では相続税法や消費税法などが、比較的勉強量なども少なく合格率も良いようです。

どの分野を選択するかは個人の力量によって異なりますが、実際に働くことになれば全ての知識が必要となってきます。
試験対策の勉強ばかりでなく、将来のことも考えた勉強方法を行うようにしましょう。
試験は、全て論述問題として出題されます。
5科目全てに合格した時点で、合格証書が送付されることになります。
科目合格者には、科目合格の通知が送付されることになります。
各科目とも満点の60%が合格基準となりますが、合格率は低くほとんどが10%前半となっているようです。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

税理士さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 法人会・商工会議所等から紹介してもらう

税理士は、法人会や昇降会議所からでも紹介して頂くことが出来ます。 法人会・商工会議所では、税の申告時期や定規的に「無料税務相談」などを実施しています。 そういった無料相談などに出かけると、税理士が相談に乗ってくれます。 そこで自分の気に入った税理士などがいれば、紹介して頂くということも可能です。 税理士を探す際には、やはり実際に相談をしてその方と直接会うというのが一番ではないでしょうか。 実際に会うことで、その税理士の対応や誠実さといったようなこともわかるのではないでしょう

税理士さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。