トップ 税理士さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

税理士さんナビ税理士の選び方 > 税理士を税務署に紹介してもらう

税理士を税務署に紹介してもらう

税理士を税務署に紹介してもらうの画像

国税局や税務署では、様々な業務を行なっています。
税理士の紹介も、その様々な業務の中のひとつです。
税理士の紹介は、全国各地の税務署からでも紹介して頂くということが可能です。
まずは、お近くの税務署へ出向いてみましょう。

どういった理由から税理士を紹介して欲しいのかを伝えることで、すぐにでも税理士を紹介して頂くことが出来ます。
全国各地の税理士会には、ホームページがあります。
インターネットのホームページなどで、税理士の紹介を行っているところもあります。
税務署では、管轄というものがきちんと決まっています。
近くの税務署が、管轄内かどうかをきちんと確認するようにしましょう。
各税務署のホームページには、きちんと管轄が記載されているので、そちらで確認してもよいでしょう。

税理士会からの紹介であれば、安心してお願いすることが出来るというものです。
税理士には会社の内部事情や会計・家庭の会計などを全て見せるわけですから安心出来る方でなければお任せすることは出来ません。
それだけ、信頼のおける税理士を探さなければならないということです。

市町村区の広報誌や、テレビ・ラジオなどでも、税理士の紹介を行っています。
広報誌などで、みかけたことは無いでしょうか。
税理士を紹介して頂くには、様々な方法があります。
知人に紹介して頂くというのもひとつの方法ですが、税務署に紹介して頂くというのが一番の方法ではないでしょうか。
税務署に相談をして、信頼のおける税理士を紹介して頂くようにしましょう。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

税理士さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 贈与税

税金の中には、贈与税と呼ばれるものがあります。 贈与税というのは、相手から受け取った財産に課せられる国の税金ということになります。 例えば、親から譲り受けた土地や家屋といったようなものがそれに当たります。 贈与税というのは、少なからず誰もが関わる税金と言えるのではないでしょうか。 贈与税というのは、譲り渡す者と譲り受ける者の双方が納得していなれば成立しません。 財産を譲り受ける場合には、年間で110万円以下であれば贈与税は非課税となります。 ですが注意しなければならないこと

税理士さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。