トップ 税理士さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

税理士さんナビ税金に関すること > 住民税

住民税

住民税の画像

日本国内に住んでいる場合には、現在の居住区である市町村に対して住民税と呼ばれる税金を支払わなければなりません。
その都市の1月1日現在に住んでいる市町村に支払うこととなり、1月2日に転居したとしても以前の市町村に支払うことになります。
毎年6月には、納税書が送られてくることとなります。
4期分の分割払いが可能ですが、一括払いによって一定額が減額されるという「前納奨励金制度」と呼ばれる制度があります。
ですが、この制度に関しては廃止される傾向にあるようです。
ですが給与所得者では毎月の給与の中から天引きされ、事業主が支払うこととなっています。

ですから、それほど住民税を支払っているという感覚は無いという方が多いのではないでしょうか。
住民税は、前年度の収入によってその年の金額が決定されることになります。
ですから始めて就職した場合などは、前年度の収入が低いので納税金額も安くなります。
反対に注意しなければならないことは、転職などで仕事と仕事の間が空いてしまった場合です。
仕事が無い期間に前年度の働いていた時の金額で住民税を支払うことになってしまうからです。

収入が無い時に多額の納税金を支払うことにあんるので、転職をする場合には注意するようにしましょう。
住民税を滞納した場合には、延滞金が加算されることとなります。
家財道具などを差し押さえる自治体などもあり、現在は大きな問題となっているようです。
住民税というのは、日本に済んでいる限りは誰もが必ず支払う必用がある大切な税金なのです。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

税理士さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 税理士試験

税理士になる為には、国家試験を受けなければなりません。 税理士の試験には、年齢や国籍などを問われることはありません。 試験内容は、会計学に属する科目(簿記論及び財務諸表論)の2科目があります。 その他にも税法に属する科目(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税)のうち受験者の選択する3科目(所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択しなければなりません。)ということになります。 全部で5科目に合格しなければならにことに

税理士さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。