トップ 税理士さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

税理士さんナビ税理士という仕事 > 税理士の収入

税理士の収入

税理士の収入の画像

税理士の収入というのは、一般的なサラリーマンなどに比べれば多いと言えるのではないでしょうか。
税理士の中でも税理士事務所などに勤務している勤務税理士と、独立開業し事務所を構えている税理士では収入も異なります。
勤務税理士の場合は地域によっても異なりますが、最低ラインでも年収400万円以上はあるようです。
事務所を構えている場合などは、年収1000万円以上という高収入の方も少なくはありません。

税理士の仕事というのは、それだけ大変な仕事であるということではないでしょうか。
忙しく働いている税理士などは、休日返上で仕事に取り組まれているという方もいらっしゃるようです。
開業税理士の場合年収1000万円以上の高収入の方もいると記載しましたが、全てが高収入というわけではありません。
独立開業しても仕事が気道に乗るまでは、それほど収入を得ることは出来ないでしょう。
事務所の規模や従業員数などによっても、収入は大きく変わってきます。
開業税理士が年収をアップさせるには、新規の顧客を獲得することが大切です。

開業当初とういうのは信頼関係などが築けていなかったり、顧客の単価が安いなどで思うように収入が上がらないようです。
その為か開業税理士であっても、年収300万円以下という方もいらっしゃいます。
税理士の年収というのは、それほどばらつきがあるものなのです。
ですから税理士の資格を取得したからといって、即座に高収入に繋がるというわけではありません。

近場の税理士を探すなら、税理士紹介ネットワークへ

税理士さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 配偶者控除

納税者に生計を共にしている配偶者には、配偶者控除を受けることが出来ます。 配偶者控除を受ける為には、この他にもいくつかの条件があります。 内縁関係の方は、配偶者控除を受けることが出来ません。 さらに、年間の合計所得額が38万円以上という方も同じく配偶者控除を受けることが出来ません。 給与所得で言うと103万円以下であれば、配偶者控除を受けることが出来るというわけです。 毎月の給与の他に、ボーナスといった賞与も加算した年間の金額ということになります。 その他にも青色申告者の事

税理士さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。